水頭症の症状 水頭症(すいとうしょう)の症例写真

catch_119.jpg



2013年05月03日

水頭症の症状

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


■水頭症の症状


・水頭症(すいとうしょう)とは、脳脊髄液の産生・循環・吸収など
 いずれかの異常により髄液が頭蓋腔内に貯まり、脳室が正常より
 大きくなる病気です



・脳脊髄液による脳の圧迫が、脳機能に影響を与えます


・おもに乳幼児に多くみられます


・脳圧が上がることによる頭痛や嘔吐、視神経の圧迫による
 視力低下や視力異常、失明

 また、天気による気圧の変化にも影響する場合があります


・早産児・低出生体重児にみられる脳室周囲白質軟化症では、
 文字通り脳室周囲の白質が障害されて容積が減少するため、
 結果として脳室が拡大します

 しかし脳室・脳脊髄液側の異常ではないため、
 水頭症とは呼ばれません

 一方、新生児の脳室内出血(または上衣下出血)に伴い
 脳脊髄液の循環異常が生じることにより、水頭症を発症する
 こともあります
ラベル:水頭症 症状
posted by スマイル at 14:43| 水頭症の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。